「弱虫ペダル」71巻 感想 その6・・・のはずが?(汗)

今日で2月が終わりですね~!
・・・巻島・東堂ナイトでの
色紙プレゼント・・・
当選結果がずっと気になっていましたが
はずれたかな~~ああ~~~(>_<)
でも週チャンの全員サービスで
真波&小野田君や東堂の懸賞用のイラストが
手に入るので、今回はそれだけでも
とても・・・!嬉しいです・・・!!(^^)

頑張って応募し続けていたら
いつか先生の色紙、当たるかなぁ・・・。

71巻の感想の続きを書きます!
・・・書けるとこだけ・・・
・・・簡単に・・・(苦笑)

RIDE.606、小野田君キャプテン決定回。
読み返していて、小野田君がキャプテンで
やっぱり一番いいのかも・・・と思いました(^^;)
今泉がキャプテンだったら
厳しそうで、怖すぎるし~~!!(汗)
(とろくて弱気な私なんか
速攻退部させられそう・・・泣)

「キセキを信じるチームなんだろ」

「壁は高くても 力が弱くても
努力で近づけんだって
乗り越えられるんだって
手嶋さんが教えてくれた」

私自身は、努力が苦手な情けない人間なので
弱虫ペダルのテーマでもあるこの言葉が
胸に痛いというか・・・
しょんぼりしてしまうのですが(汗)
小野田君みたいな、
アニメ好きでおとなしくて
友達の少ない男の子が
自転車の世界に入って頑張って、
才能のある仲間を追いかけているうちに
自分自身の才能を発揮し、
インターハイ優勝というヒーローになる・・・!
そんな奇跡のような物語を見ていると
自分のことのように嬉しくなるし、
必死に努力するひたむきさに胸を打たれるし、
自分が簡単にできないことだからこそ
その凄さや美しさに感動してしまいます。

周りから才能のある人間だと思われていなかった
「普通の人」である手嶋は小野田君と共に、
作者である渡辺先生の思いが込められている
キャラクターだと思いますが
でも・・・
でも・・・
手嶋も先生も、普通の、
平凡な人なんかじゃないですよね!!?
才能が、なかったわけではないですよね!!?
漫画家になりたいなぁ、って思っている人が
ひたむきに頑張って諦めることなく努力すれば、
弱虫ペダルみたいな凄い漫画が
描けるようになるか、って言ったら・・・
いや、無理です・・・!!!!
ってなりますよね・・・!!
上手く絵が描けるか、
のめり込むような展開のストーリーを
考え続けられるか、
週刊連載を続けられるようなスピードで
作品を描けるか・・・体力をつけられるか・・・
というような問題ではなくて、
努力ではどうしようもできないもの・・・。
心が・・・!!
綺麗な心が無いと・・・
弱虫ペダルのような漫画は
絶対・・・描けない・・・ですよね・・・(汗)
私みたいに、
女の子キャラ嫌い~~!(泣)
イヤ~~・・・(泣)
なんてしょっちゅう言っているような人間には、
無理ですよね・・・(苦笑)
それを才能と言うんですよね・・・。

と、いうか。
感想書きます!と言っておきながら
話がそれてしまいました・・・!!
すみません~~!!(>_<)

私は、弱虫ペダルという作品の持っている
美しさにむちゃくちゃ惹かれて、
作者である先生ご自身も、
とても優しくて、揺ぎ無い強さを持たれていて、
今こうやって、作品と一緒に過ごせている日々が
すごく嬉しくて幸せで。
(もちろん人生、ただ幸せだけなんてことは
ありえなくて、ショックを受けたり落ち込んだり
することもあるわけですが・苦笑)

でも漫画家として
大ヒット作を出されて成功されて、
ポジティブに真っすぐに、
物事を見つめられている先生の、
明るく純粋な言葉に触れると
私は・・・
弱虫ペダルを読んでいる時のように
真っすぐ無邪気に
受け取めることができなくて、
心が動くことがなくて・・・
それがちょっと悲しく感じるのかも・・・。

という、自分の心を
見てしまってました・・・!!(汗)
自分のための文章で
感想じゃなくなってました、
すみません・・・!!(>_<)

いや、普段から
感想、と言えるようなこと
書けてない気がしますが・・・(汗)
きゃー!!とか、わあ~~!!とか、
書いているだけでは・・・??
わ~~そんなこと考えると
恥ずかしくて何も書けなくなるので
やめよう~~!!(^^;)

また遅くなってしまいました。
おやすみなさい・・・!