「ダ・ヴィンチ」8月号見ました。

「ダ・ヴィンチ」8月号の、
渡辺先生と永瀬廉君の対談読みました。
・・・まさか対談を読んでこんなにへこむとは
思わなかった・・・(苦笑)
どうしよう。
感想(?)書かずに寝てしまった方がいいのかとも
思ったんですけど・・・
書く(泣)

最初は、わ~~先生、(寒咲さん役の)橋本さんの事、
べた褒め(苦笑)
と思うぐらいのショックで済むかと思ったんですけど・・・(^^;)
対談の終わりの方でだったか(記憶がもう定かでないです;)
永瀬君が「小野田君の恋愛の話が見たい」的な発言を
されてしまって・・・。
それに対して先生は、
「MTBの話も描かないつもりだったのが今描いているから
可能性はないこともない」
というような返事で・・・。
完全否定は・・・されませんでした・・・ね・・・。
ショック・・・・・・(泣)

私は、漫画の実写化は好きではないんですが、
弱虫ペダルの実写映画については
先生も喜ばれているし、
キャストの方々も作品を好きだと思って
仕事をされているんだと思って、
自分が映画を観るか観ないかはともかくとして、
イチから否定するような見方はしたくない、
好意的に見ていたい、という気持ちで
ブログでも少しは、話題を書いたりしてきました。
でも・・・でも・・・
小野田君を演じる、主役の永瀬君が
弱虫ペダルという作品に恋している
読者の気持ちをガン無視するような発言をされたら・・・
もう、映画の話を好意的に見るのは・・・
無理です・・・(泣)

弱虫ペダルのキャラクターの恋人は
自転車なんだ、って思えるくらい
自転車に夢中で、ひたむきな男の子たちの話だから
私は弱虫ペダルという作品に出会って、恋に落ちたし
苦しくて苦しくて仕方なかった、黒い感情から
奇跡かのように救われたんです(涙)

永瀬君はアイドルなのに、
自分や、キンプリのメンバーに恋人がいたら、
自分たちに恋してくれているファンの女性が
傷つくだろうな・・・って、
傷つけたくないな、って、
思ったりはしないんでしょうか??
ファンはただ、お金を落としてくれるだけの、
ただそれだけの、ありがたい存在でしかない?

何かが、誰かが好きで好きで、
学校とか仕事とか、あんまり楽しくない日常の中、
好きな人を見ることができたら、
その人の言葉に触れられたら
気持ちがキラキラ明るくなって、あったかくて幸せで・・・
好きな人がいるって、幸せ・・・!!
って、片思いしてる人の幸せな気持ち・・・
できれば、なるべくなら、壊したくない、とか・・・
カケラも思ったりは、してくれない・・・?
のでしょうか・・・。

私は小野田君に恋してるわけじゃないけれど、
小野田君に恋人がいたら
私の幸せは全部粉々に壊れて、成り立たなくなります(泣)
というような・・・デリケートな質問なので・・・
あまり触れては欲しくなかった・・・です・・・(>_<)

ダ・ヴィンチって漫画好きな人が読むための
雑誌じゃなかったの!?
編集さん、こういう質問はNGとか、
少しぐらい配慮をしてくれても~~!!(泣)
渡辺先生のバカ~~!!
こういう質問受けられるなら、
せめて完全否定されてくださっても・・・(泣)
え~~~~ん(泣)
またこんな・・・本編読むの憂鬱だなってタイミングで
こんな話題に触れてしまったという・・・追い打ち?(^^;)
あ~~~もうヤだ~~・・・(汗)

あっ、でも。
ちょっと待って。

恋人の定義が異性とは限らないんだったら・・・??
まぁ、いや(汗)
そんなことはないでしょうけど(^^;)
それだったら、私もおおらかに、
笑って受け取ることができるんですけど・・・(笑)

と、最後はギャグで明るく終えて。
もうこの話はおしまいにします・・・!

うわ~~ん、寝不足なのに
また寝るの遅くなっちゃった・・・
私のバカ~~(>_<)
(ちょっ・・・先生のブログ更新されてる!汗)