不用品処分の体験談。

今日で2015年も終わってしまうのですが、
今年は本当に心労が多い、大変な年になってしまいました;

2月に父が脳梗塞で倒れてしまい、
その父が使っていた工務店の作業場の荷物の片づけ、
そして(一応、副収入になればと始めていた事業・・・のはずが
結果的にはただの道楽でしかなかった)
古道具屋(リサイクルショップ)の荷物の片づけ、
この二つを、母と娘の私がなんとかしなければ
ならないことになってしまって、
途方に暮れる状態を抱えるはめになったのでした・・・。
(どちらも、田舎の古いおうちの物置みたいに、
がらくたみたいな生活用品なんかが
積み上げられているような状態だったのです;)

自営業の親が倒れてしまったら。
仕事場として使っていた事務所や店舗などの後始末を
家族の誰かがやらなければいけないことになるわけで、
突然こういう事態になってしまった時、
他のご家庭では一体どうやって、
その大変な後始末をされているのか・・・?
不要品の処分をしてくれる業者さんは色々ありますが、
一体どこの会社にお願いすれば、
あまり高額にならない範囲で処分をしてもらえるのか・・・。
ネットで検索してみても、検索の仕方が悪いのか、
頼りになる情報・体験談はほとんど得られませんでした。
ちなみに、一番参考になったのが実家の後片づけの体験談で、
「自分達で車を使って、ゴミ処理場に運び込む」
「市の粗大ゴミ回収にお願いする」
「小さな物は普通ゴミとして少しずつ処分する」という
「業者に頼まず自分達で動いてなんとかする」という方法でした・・・。

私達の場合、家族が女ばかりで男手がなく、
父以外は車の免許も持っていないような状態で、
お金に全く余裕はないけれど
業者さんにお願いするしかない、という切羽詰った状況だったもので、
さんざん悩みながらも結局、
家のポストにチラシが入っていたのが縁だと思って、
「家電金属無料回収」をされている
いちよしさんというお店に、古道具屋の商品の買い取り(これも決め手でした)と
無料回収をお願いすることにしたのです。
この体験談が、私達と同じように困っている立場の方の
いい参考になれば・・・と思い、ブログに詳細を書き留めておくことにしました。
以下、経過になりますが、結局、この決断は
私達家族にとってはなんだか不満の残る、
後味の悪い結果となってしまったのでした・・・(^^;)

古道具屋の店舗に見積もりに来てもらったのは、
12月3日。木曜日です。
数日前にメールで問い合わせをしていて、日取りが決められました。
(チラシにはメールアドレスは記載されていなかったのですが、
ネットで検索したらサイトが見つかったので、
そこでメール問い合わせもできるようになっていました)

時間は13時半、と約束していたのですが
こちら側にとんでもないトラブルがあり、
(こんな時に、母が古道具屋の店舗の鍵を紛失してしまっていた!)
時間を急遽一時間遅らせてもらい、
合い鍵を持っている親戚に来てもらってなんとか
見積もりの時間に間に合う・・・という、
業者さんにも親戚にも迷惑をかけてしてしまった、という状態になったのです・・・(汗)
本当にこの時は、「なんでよりによってこんな時に!」と母を恨んでしまいました(^^;)
(ちなみに、紛失した鍵は後日出てきました。
母が父のお見舞いに通っている病院の、
シャトルバスの中で落とし物として拾われていたのでした・・・)

店舗に見積もりに来てくださった男性の方は
優しい、丁寧な話し方をされていて
私は「ああ、こういう方だったら大丈夫だよね」と、ちょっと安心しました。
ただ、まぁ、ある程度想定はしていましたが、
買い取れるのはちゃんとした「骨董品」、と
言えるくらい古い時代の物で、
「こちらの店舗の商品はちょっと惜しい、って感じの物ばかりで・・・」ということで、
「買い取りは、まぁひっくるめて・・・無料回収も含めて4万円ぐらい、
という感じになりますが、それでよろしいですか?」
という見積もり結果になりました。
メモ用紙を持たれていましたが何もリストは作られず、
古いタンスが1万円になる、というのだけは聞いたのですが
それ以外はどういう内訳になるのか、わからないままでした。
それでも、処分にお金がかかってしまうのが悩みだったので、
とりあえず4万円はもらえて、荷物を減らしてもらえるのなら
お願いしてみて少しは良かったよね、と思い、
後日引き取りに来てもらうことになりました。
この時、「この店舗は今月中に引き払わないといけないので、
室内にある物は12月中に全部処分しなくてはいけなくて・・・」と
こちらの状況を説明していのですが・・・。
後で詳しく経緯を書きますが、一回目の回収が12月7日。
そして二回目の回収がなんと12月22日、となってしまったのでした・・・。

12月7日。
13時半に業者さん、4人の方が来て
(一人は受付担当の女性で、あと二人の方は
荷物運びのバイトさん?という雰囲気に感じました)
古いタンス、ミシン、古い時計や黒電話を何台も、
そして古い時代の何かわからない道具、木製の台など
「こんなのがあったのか」と思うような物まで色々と、
二台の軽トラックに次々運ばれていきました。
中には、後から親戚に
「あれはお父さんが買い取ってきて
修理までして置いていたもので、価値があったのに」
・・・と、言われてしまったものまであったのですが・・・
(通りすがりの見知らぬおじさんまで、
「これオークションに出したらいい値段で売れるよ」と
運んでいる業者さんに話しかけられていたのですが・・・)
結局。この日は車二台に一杯積み終えて、
「じゃあ、これを帰って査定して、買い取り代金についてはまた連絡します。
まだ残っている物、陶器の食器なども、もう一度引き取りに来ますので
もっと荷物は減るので安心して下さいね」
と説明をして、そのまま帰って行かれたのでした・・・。
「次回って、明日とかではないんですか?」と聞いたのですが
「また連絡しますので」と言われるばかりで、それ以上聞きようがなかったのです;

一応、運んでいってもらった分、店内の荷物は少し減ったし、
また来る、と言われているのだから
もう一回、同じくらい引き取ってもらえれば一応助かるのだけれど・・・。
でも、引き取った商品のリストも何も作られていないし、
契約書もないし、買い取り金も後日、って・・・。
大丈夫、なんだろうか・・・?(汗)
他の業者さんがどういうやり方をされているのかもわからないし、
「後日、ちゃんとしますので」と説明(?)をされたら
こちらからそれ以上何も言えません。
「このまま、もう、来られないつもりなのかもなぁ・・・」
と思いつつ、それでも連絡が来ることを祈って、
しばらく母と二人で、店舗の整理をしながら日々を過ごしていました。

が。
一週間経っても、10日経っても何の連絡もありません。
もしヤフオクとかに出品されていたとしても
さすがに売れているはず。
そう思って、「ああ、イヤだな~・・・」と思いつつ、
思い切ってチラシに書かれていたフリーダイヤルに
電話をかけてみました。
見積もりに来てくれた店主さんらしき男性の声がして、
「あの、7日に父の古道具屋の買い取りをしてもらった○○ですけど」
と言ったら、
「ああ!すみません、ちょうど連絡しようと思っていたんです!!
また引き取りに伺いますので、ちょっと待って下さい!」
と慌てた様子で、受付の方と日取りの相談をされて・・・。
私は、正直、「え??今頃、また来るの??」
という気持ちになったのですが、
(だって、10日も音沙汰なしで・・・!
こっちは、12月中に店舗を引き払わなければならない、
って言ってるのに!)
とにかく、次に来た時に
買い取り代金のこともちゃんとしてもらえる、とのことだったのと、
そして、店舗の荷物をできるだけ減らしたい・・・という
こちらの弱みもあったもので、
仕方なく、電話をした翌週の12月22日、
二回目の回収をしてもらうことになりました。

さすがに今回は、女ばかりでは心配だと思い、
母が親戚の伯父に電話をして
当日一緒に見てもらえるよう、決めていました。
そして、その当日。
・・・・・・・肝心の伯父は、来ていません。
14時頃、業者さんが全員、到着されました。
回収作業が始まって、私はこの前のように
何が運び出されていくのか、
トラックの横で様子を見つめていました。
(よく考えたら、こういう時はカメラで撮影をして置いた方が
良かったのかな?と思ったりします;)
・・・伯父が来る様子は全くありません。
そして、私が外にいる間に、見積もりの男性が母に話しかけて、
買い取り代金を渡していたらしいのです。
そのあと、店内に入った私に、母がお金をちらっと見せて
「これ、代金だって」と小声で話しかけてきたのでした。
それを見て私は、びっくりして
「え!?これ、2万円じゃない!!約束は4万でしょ!?」
・・・と、心の中で叫びました。
(本当に叫べば良かったのに。小心者~~(泣))
文句を言いたかったけど、でも、よく考えてみると
全部ひっくるめて4万、というお話だったので
前回の回収が2万、今回が残り2万、ということだったら、
なるほど、別に何も、間違ってはいません・・・。
というか、納得してすでに受け取ってしまっている母も悪いし!!(泣)
なんですぐ、「お姉ちゃん、2万しかくれはらへんかったけど、これでいい~?」
・・・って、私に声をかけてくれなかったのか・・・!
もうっっ!!

結局。
今回の回収では、軽トラック二台にちょっと荷物を積んだぐいらで、
こちらが期待するほど、荷物は減ることもありませんでした・・・。
最初の話では、「うちが引き取りをしたら、店舗の荷物もだいぶすっきりしますよ」
というお話だったのですが、
(でもまぁ、そんなに価値のありそうな物はなかったので、
たいして減らないだろうとは思っていたのですが・・・)
想像以上に、減ってはくれませんでした・・・。
古いタンスがまだあったのに、
残っている物には価値がないみたいで、今回は何も触られず・・・。
(これが減ったら助かるよね、と思っていたのに;)
「すっきりする」との言葉を信じていた母は家で
「これじゃあ話が違う・・・」とぶつぶつ文句を言ってました(^^;)

連絡を待っている間にもう、22日になってしまったので
「あの、残りの荷物を有料で処分していただいたら、
費用はどれくらいになりますか?」
と、その場で見積もりをお願いしてみたのですが
(前回の時も一応、見積もりを聞きたい、と話していたのです)
男性は申し訳なさそうに、
「いや、これを今月中にやるのはもう無理ですよ。
年末で処分場も混雑するし、正月休みで閉まってしまうので・・・。
この量だと二階もあることだし、作業が二週間ほどはかかります。
費用も50万から100万はかかると思いますよ。
できたら、家主さんがここを解体されるのなら
その時一緒に、荷物もまとめて処分してもらった方がいいです。
それが一番、お安く済みますよ」
と、説明して下さって・・・。
いや。あの・・・。
できないんだったら、なんで最初に
「うちでは無理ですね」と言ってくださらなかったのか・・・!
って、思ったんですけど(^^;)
(おいしいとこだけ持っていって、ひどい!!・・・と、正直思いました;)
でも、とにかく、目の前の業者さんに
さじを投げられるような状態なのか、と思うと
「本当にここは片づけられるのか」という不安で一杯になって、
「そんな・・・。どうしよう・・・」と、暗い声でつぶやくことしかできませんでした。

そして業者さんは、「今回の買い取り代金は、また査定をして、
こちらの方に来るついでがあるのでまた寄らせてもらいますね」
・・・と言って、帰って行かれたのでした・・・。

伯父が来てくれたのは、そのあとです(泣)

やっぱり代金は「また後日」、で済まされてしまって、
さすがに今回はもう年末だし、一週間経たないうちに
業者さんの店舗に電話をしてみたのですが
留守電に繋がってしまい、伝言を入れておいたのですが
連絡は今日、31日になっても何もなしです。
(同時にメールでも「心配しています。連絡下さい」と
送っておいたのですが、なんにも返信はありません)
店舗の方に直接行ってみよう、と思ったのですが
「二回目の回収では利益が出なかった」とか言われてしまったら
どうしようもないし・・・と思うと、行動に移せなかったのです。

こんなことだったら、多少費用がかかっても、
最初から買い取りとか、荷物を減らしたいとか期待せず、
処分業者さんに何件か見積もりをしてもらって、
一番お安いところに決めていたら、精神的にも良かったのになぁ・・・。
と思ってしまう、結果になってしまいました(^^;)

心情的にも、なんか辛いですよ~~。
父が、ある程度お金をかけてそろえた物たちが、
知らない業者さんにひたすら持って行かれてしまう・・・
という様子を見ているのは、思っていたより複雑な心境になりました(泣)
言葉はちょっと悪いんですけど、「ハイエナに持って行かれちゃった」って、
そういう心境になってしまって・・・(^^;)
・・・もう少し荷物を減らしてもらえてたら、別に2万でも納得できたのに・・・。

伯父には、「チラシを配っている業者なんか、当然
自分達の利益しか考えてないんだし、そんなもんだ」
って、言われてしまうし・・・。
(だから、一緒に見ていてもらいたかったのに~~!)

結果、やっぱりネットで参考になったとおり、
「自分たちの車で不要品を運んで、処分していく」
というのが一番いい方法で、
それが無理なら、友達や知人のツテ、口コミ情報なんかを参考に
ちょっとぐらいお金がかかっても信頼できそうな業者さんに処分をお願いする、
・・・というのが、安心できる確かな方法だと、実感したのでした・・・(^^;)

大手の会社じゃなくても、小さくても
真面目な業者さんだってきっといらっしゃるだろうし、
そういう会社の口コミ情報とか、
ネットでもっとわかればいいのになぁ・・・と、
頼れる知り合いのいない私なんかは、すっごく思ってしまいますね。


☆追記☆

年が明けて、お正月休みが終わったあとに
いちよしさんから電話があり、
二回目の買取代金を振り込んで頂きました・・・!
代金は1万2千円、ということで
最初の予定よりは低くなってしまったのですが
とりあえず、ちゃんと連絡してくださったので良かったです~。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック