アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漫画の話」のブログ記事

みんなの「漫画の話」ブログ


モーニング作品への恨み(笑)

2017/10/29 14:06
10月は妹の誕生月なので、
直前になってから
「そうだ、久しぶりにゲームでも買ってあげようかな・・・」
と思いついたのですが、
携帯ゲーム機+ソフトとなると
2万円近くになって予算オーバーだし・・・。
「そうだ!スーパーファミコンの小さいやつなら
ソフト内蔵で1万円以下だし、いいかも♪」
・・・と思いついたものの、
何日か検索しても、転売価格でしか見つからず〜〜・・・・・・;

結局、Amazonで「Fire TV Stick」を買って
プレゼントすることになりました。
・・・ゲームの方が良かったみたいだけど、仕方ない;
私はFire TV Stickを使ってプライムビデオを満喫しているので
これでも喜んでもらえるかと思ったんだけどな〜〜・・・。

少し前から、Kindleで無料コミックを見ることに
ハマっているのですが、
「タダなら何だっていい!」
・・・というわけにはいかず
(あんまりダウンロードと削除を繰り返していたら
Kindleがすぐ壊れちゃいそうな気がして・・・・;)
今のところ、コミックスを持っていなくて
無料でダウンロードできて嬉しい!!良かった〜〜♪♪
・・・という作品は

「あなたのことはそれほど」1巻
「銀と金」1〜3巻
「宝石の国」1巻(残念ながら期間限定)
「あしょんでよっッ」1巻(残念ながら期間限定)
「白のフィオレンティーナ」1〜3巻
「はるか17」1〜3巻
「シマシマ」1〜2巻

ぐらいかなぁ・・・?という感じです。

・・・あと、「インベスターZ」が1巻から20巻まで
一冊5円だったので、
これは読んだ事の無いまま、値段だけで
衝動買いしてしまいました(笑)
こういうキャンペーンがあると、嬉しいですよね〜〜!

はるか・シマシマ・インベスターZ・・・と
モーニングの作品のお世話になっていますね。

モーニング・・・・・・好きなつもりだったんですけど
なんだかこうやって思い返すと
モーニングの作品って、
「面白い!」って思っても、途中で
「ショックーー!!」とか、
「ガッカリ〜〜〜〜・・・(泣)」
・・・って、なってしまう率が高いかも・・・・・・
って、思ってしまうような〜〜・・・・・・(苦笑)

大好きだった「チェーザレ」も「ピアノの森」も
キャラクターの恋愛の話が入っちゃって
「ガーーーーン・・・・・・」
って、なっちゃったし、
(「ピアノの森」も、結局阿字野、レイちゃんと
くっついちゃったんじゃないか〜〜〜!!
バカバカ!!(泣)
一色先生、酷い〜〜〜〜!!
パン・ウェイを好き!!って思った私の思いは
どこにも行き場所がなくなってしまって、もうショックでした(泣)
最初は、レイちゃんも自分の養子に・・・みたいな
話しか出てなかったのに、一体なんでそんな展開に・・・・・・
本当に酷い・・・・・・(泣))
「はるか17」はコミックスは買っていないけれど
モーニングで楽しく読んでいたのに
なんか・・・確か、はるかの後輩になる女の子がスカウトされて、
でもその子は実は男の子でビックリ!ってなるんだけど
マネージャーさんとちょっと仲のいい雰囲気になって
うわ〜〜♪この二人、なんかいいなぁとか思って
続きを読むのを楽しみにしていたのに、
結局!!
可愛い男の子はすぐ髪を短く切っちゃって、
完全な「男」として描かれるようになってしまって、
「可愛かったのに〜〜!!二人の仲が楽しみだったのに〜〜・・・
ただのオトコ・・・・・・・・・・・・ガーーーーン・・・・・・・・・・」
みたいな結果に〜〜〜〜・・・・・・・・・(泣)

「シマシマ」は
草食系男子が「眠れない」悩みを抱える女性たちを
救ってくれる話かと思っていたら
リンダが・・・!!(怒)
素っ気ないお客さんの、ファッションへの関心を見抜いて
コーディネイトをして楽しませてあげる・・・という話に
私はちょっと感動して、
リンダ、カッコイイ〜〜!いいヤツ!!
・・・・・・なんて思っていたのに
そのあとすぐ、裸の女の子を乗っけてソファでお楽しみ♪
・・・・・・してるような男だということが描かれてしまって、
「ただのチャラ男かーーーーーー!!!!
騙された〜〜〜〜〜〜!!!!」
・・・・・・・・というような、結果に〜〜〜〜・・・・・・・・。
・・・・・・リンダに(勘違いして)好感を持ってしまった
私の思いを返して欲しい・・・・・・・・・。
おまけに、結局話の展開は
主人公・シオさんの恋愛話みたいになっちゃって
シオさんはガイ君とお似合いだと思ってたのに、
結局ランちゃんと付き合っちゃって、
まぁ、ランちゃんもカッコいいから
それはそれでいいかぁ・・・・・・と思っていたら
結局、最終的には別の人とケッコン・・・・・・・でしたっけ?
シオさん、もう、わけわからんです〜〜・・・・・・・。

山崎先生の作品、人物が魅力的で面白いと思うのに
「レンアイ漫画家」も!!
なんであんな展開に〜〜〜〜・・・・・・。
金城先生が好きだったのに。
(この作品は、とにかくもう金城先生だけが好きだった)
金城先生が幸せになる所が見たかったのに〜〜〜〜。
結局、金城先生の憧れの漫画家の先生は
別に漫画に興味がなかったけど、読んでみたら意外とハマった、
っていうだけの、主人公がゲット
って・・・・・・・・・・。
もう本当に、どーでもいい・・・・・・・・(泣)
(あ、雑誌でしか読んでないから、
もし名前を覚え間違いしてたら、ごめんなさい・・・;)

どの作品も、キャラクターの、
恋愛の話(というか、異性がらみの話)にさえならなかったら
無邪気に楽しめていた作品だったと思うのに・・・・・・。
恋愛話になんて頼らなくても、十分な力を持った、
十分な魅力を持った作品だと思うのに・・・・・・・!
なんでなんかこう、軽〜い展開になったり
読者がキャラクターの事、好き!って思っている気持ちが
壊れちゃうようなエピソードが
わざわざ入ったりしてしまうのか・・・・・・(泣)

酷いよ〜〜「好き」って奇跡なのに!
そんなしょっちゅう、一杯ある出来事じゃないのに!!
せっかく「好き!」って気持ちを抱けたのに、
簡単にパーになっちゃうなんて・・・・・・。

と、モーニング作品への恨みが
またはじけてしまったのでした(苦笑)

・・・ついでに、大好きな作品「夏子の酒」でも、
夏子がラスト、草壁さんと結婚してしまうシーンに
「いや、そこまで描かれなくても〜〜〜〜!!
そりゃあ二人はお似合いかもしれないけど、
・・・でも私、草壁さんのことそんなに好きじゃないし・・・・・・;」
・・・と、不満を持ってしまったぐらいで・・・・・・(苦笑)
恋愛の話は、デリケートなものなんです〜〜!!
(私は、美泉の若い社長さん?でしたっけ??
彼の方が好きだったのです・・・。
あと、一巻で出ていた夏子の会社の先輩。
キツそうで実はいい人だった、彼も好きだった(笑))

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「宝石の国」が気になる。

2017/10/18 15:00
色々書きたいことがあるのに
時間がすぐ過ぎてしまって、
何もできないまま無意味に日々を
送っている感じがします・・・;

現実の世界では特に楽しいこともないので
「漫画読みたいな〜・・・・・・」
と思って、kindleで無料本をダウンロードして
いくつか読んでみました。
(kindleで漫画を読むのは、画質が悪いからイマイチ!
と思っていたのですが、
紙の本を読んでいない作品なら
違和感なく読めることに気付いた・・・(苦笑))

面白かったのは、
アニメ放送が始まった「宝石の国・一巻」、
それと、しばらく前にドラマでやっていた
「あなたのことはそれほど・一巻」
の二作です。

「宝石の国」は、宝石が生物になった世界での話なのですが
アニメの第一話を観て少し気になっていた作品だったので
期間限定で無料になっているのを見つけた時には
大喜びしてしまいました(笑)

月から宝石たちを狙ってやってくる「月人」から
身を守るため戦う28人の宝石たち。
主人公・フォスは不器用で、ひときわ脆い体質なために
戦闘どころか他の仕事にも向いていない、落ちこぼれ状態だった。
そんなフォスが、「先生」(お坊さん!)から
「博物誌を編む」という仕事を与えられたことをきっかけに、
自分よりも居場所のない仲間、「シンシャ」と関わりを持つことに・・・。
というお話。

主人公・フォスの立場は、なんだか共感してしまう
漫画の主人公らしい設定。
(ちなみにフォスは何もとりえがないわけではなく、
月人たちに好まれる、美しい薄荷色をしている。
つまり、敵に狙われやすい)
フォスの相手役、シンシャは
優秀な戦闘能力を持っていながら、特異な体質のため
仲間から離れて一人、夜の世界の見回りに徹している。
自分に価値を付けてくれるかもしれない、
敵である月人にさらわれることを期待して・・・・・・。
優しく可愛らしいダイヤは
自分より優秀なダイヤモンドである、
パートナーのボルツにコンプレックスを持っている。
ボルツの戦闘能力が高すぎて、
自分が戦闘の役に立てないから・・・・・・。

この設定だけで、もう、
ハマらない方がおかしいよね!
・・・ってぐらい、魅了されてしまいました(笑)
(世界観も凄い!
敵は観音菩薩みたいだし、宝石たちの先生はお坊さんだし!!)
特に、シンシャの圧倒的な孤独感と
ダイヤの可愛らしさ&ボルツへの複雑なコンプレックスに・・・。
(ダイヤモンドがコンプレックスを持ってるなんて!!
と、びっくりで・・・。
こんなに可愛いのに!!綺麗なのにーー!!!!と思った・・・。
そういう問題では、ないか(苦笑))
ダイヤとボルツはお似合いのパートナーだと思うので
二人の話をもっと見たい〜〜〜〜。

・・・・・・でも、実は、主人公・フォスのことは
特に好きではないのです〜〜;
あ〜〜ん、それがすっごく残念!!
(だって、落ちこぼれだけど、別にいいじゃん、
敵に愛される美しい色をもっているんだから〜〜。
しかも、奔放で結構たくましい性格だし。
生きていくのに全然、困らなさそう)
コミックスの続きは気になるけど、
主人公のことが好きじゃなかったら、
続きを購入しても楽しめないかも・・・と思って〜〜〜〜;

漫画にどっぷり、ハマりたい気分なのになぁ・・・・・・。
アニメの放送をゆっくり、待つしかないか・・・・・・;

「あなたのことはそれほど」の方は、
「戸川麗華」の回が、すっごい好きで
(こういう話を面白く書くのは難しいと思う。凄い)
他の話は、まぁ、そんなに・・・って感じなのですが。
女の子としての容姿は、全然良くないけれど
揺るがない自分を持っている麗華の目線が、強くてカッコイイ。
(有島君にゴーインにちゅーするシーンは
ドン引きでしたが・・・・・・(苦笑)
いや、容姿なんか気にせず、
あれぐらい積極的に行動すれば
男性はゲットできるものだったのか・・・と思った(笑))

チャラ男っぽい有島君が麗華を選んでくれて
すっごく嬉しかったんだけど・・・・・・。
でもこれ、不倫の話、なんだよね;
ヒロインは別の女性、「美都」なんだし
美都と有島君がうまくいく話・・・なんだろうか〜〜???
そんな単純な作品ではなさそうな・・・・・・。
ドラマはどんな話だったんだろう??
観てれば良かったな〜〜;
・・・と思った、作品です。

プライムビデオでアニメは全話色々、たくさん見放題なのに
コミックスはそういうのが無くて、残念です〜〜。
なんでだろう??
(アニメはDVDが高くで販売できるから、なのかな??)

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


山岸先生の原画展は無事、行けました。

2017/09/11 16:20
夏の厳しい暑さが終わって
体が楽に過ごせるようになりましたが、
楽になった分、時間が早く過ぎるようになった気がして
なかなかゆっくりブログを書く心境に
なれませんでした・・・;
(ブログを書いていると2〜3時間、
あっという間に過ぎるので・・・。
もうホント、時間がないです・・・;)

9月1日には、京都国際マンガミュージアムで行われていた
山岸凉子先生の原画展にやっとこさ行くことができて、良かったです。
行く前は「サイン本買えなかった〜〜・・・」と
ちょっといじけていましたが(苦笑)
原画展の展示場の始めに
山岸先生のおっきな似顔絵入りサインが飾られていたので
思わず顔がほころんでしまい・・・・・・(笑)
「これが見られただけで、もう、満足〜〜!」
とすっかりご機嫌になって、原画展を楽しむことができました♪
(サインは撮影可能だったのに、
デジカメ持って行かなくて残念・・・!)

山岸先生だけではないけど、
漫画家の先生の描かれる線は本当に美しくて
絵画を見るよりも、感動・感心・感嘆・・・の気持ちで
じっくり見入ってしまいます。
展示内容の違った、中期にも行っていれば良かった〜〜!
と、深く後悔(泣)
やっぱり、漫画のイベントに出掛けられるのは
楽しい事ですね・・・。

「日出処の天子」のレコードジャケットの龍が
浮き出て見える〜〜!と驚いたり
生王子を見ることができて、にまにま喜んだりと
楽しく過ごすことができました♪
私は、山岸先生の「スピンクス」という読み切り作品が好きなのですが
(確か)一枚だけ、原画が見られたので良かったです。
(「スピンクス」は凄い作品だと思うので
感想とか、時間があったら書きたいのですが〜〜〜〜;)

漫画の話だと、藤子・F・不二雄先生の
「中年スーパーマン佐江内氏」も
図書館で借りて面白かったので
新版の単行本が出ているのを知って、
ネットで注文してしまいました。
「佐江内氏」も感想、書きたいです〜〜〜〜。

それにしても、実は山岸先生の原画展が始まった時には
まだふたつ目のバイトが決まっていなくて
ミュージアムの入場料、800円を払うのも厳しくて
「原画展、行けないかも・・・」と
諦めていたぐらいだったのに
終わるころには、
「JRと地下鉄乗りついで、楽して行こうかな?」
と、交通費が払えるくらい余裕ができていて・・・・・・。
・・・なんだか、感慨深いものがありました(苦笑)
(とは言え、やっぱり交通費がもったいなくて
自転車でミュージアムまで行ったんですけどね(笑))

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山岸先生のサイン本欲しかった(泣)

2017/08/30 11:08
今日はバイトが魚屋さんだけなので
山岸凉子先生の原画展を(もうすぐ終わっちゃう!)
見に行こうかと思っていたのですが・・・・・・。
昨日、「もしかして・・・」と、
マンガミュージアムのサイトを確認してみたら
水曜日は、やっぱり休館日でした〜〜・・・。

しかもしかも。
何気なく、ミュージアムのツイッターをのぞいてみてみたら、
うわあぁあぁあぁ〜〜〜〜〜!!
「山岸先生のサイン本、売り切れました」
とか、つぶやかれていて・・・・・・!!
そ・そ・そ・そんなもの、あったのですか!!!!(泣)
知らなかった〜〜〜〜ショック(泣)
モーニングはめっきり読まなくなってしまったけれど、
山岸先生の原画展の宣伝ページは
何かいい情報が載るかもしれないと思って、
二回ぐらい、チェックしていたのに・・・・・・
わ〜〜ん、ひどい〜〜(泣)

ツイッターなんか見なければ良かったーー!
知らないまんまの方が、幸せでした・・・・・・(苦笑)

でも、まぁ・・・・・・
サイン本には縁がなかった、という運命だったのだから
仕方ない・・・・・・;
バイトは忙しいし、暑さは厳しいしで
出掛ける気持ちにずっとなれなかったわけだし・・・・・・(泣)

それに、先生は今連載されている
「レベレーション」を読んでほしくて
サイン本を作られたわけだから
「レベレーション」のファンの方とか、
興味を持たれている方が、買われるべきだと思うし・・・・・・。
私は、「レベレーション」のファンにはなれなかったのだから
買うことができなくて当然だったかも・・・と思います・・・・・・;

・・・でも・・・でも・・・・・・
残念すぎて原画展に行く気力がなくなったような・・・・・・・・・
(おいおい;)
こんな機会、もう二度とないですよね・・・・・・残念・・・・・・(泣)

原画展は・・・金曜日にお肉屋さんが早く終わったら
行けるかなぁ・・・・・・。
もしくは最終日の日曜かぁ・・・・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニメ「ガラスの仮面」

2017/08/27 13:23
今日はバイトが魚屋さんだけの日なので
勤務は4時間だけ。
なので時間は一杯ある日・・・のはずなのですが
ちゃんと充実して過ごせていないからか
あっという間に一日が過ぎてしまう感じがして・・・
物足りない気分です;

ここ最近ずっと、Amazonのプライムビデオで
「ガラスの仮面」のアニメを観ていました。
(昔のアニメです。プライムで観られるなんて知らなかった〜〜)

多分絶対、
原作のイメージとは違ったものになっているだろうし、
全然期待せず、どんなものなのかという好奇心だけで
観てみたのですが・・・・・・。
な、何故か。
なんとなくハマってしまい、時間があったら
「ガラスの仮面観よ」って感じで
ひらすら見続けてしまっていたのでした・・・(苦笑)

なんというか・・・最初観た印象は
「大映ドラマ版・ガラスの仮面」
といった感じ(?)で・・・・・・。
主人公・マヤは原作とは全然違った雰囲気だし、
(まつ毛ビシバシの美少女・・・だし
声も薄幸のお嬢様系??といった感じ。
マヤだけでなくつきかげのメンバーは
みんな目がパッチリな美少女になってる・・・・・・!
特にさやかが超・可愛く描かれてます。
何故なんだ・・・(笑))
あと、亜弓さんと桜小路君の声が〜〜〜〜!!(汗)
キャンディ・キャンディに、
た、たっちゃん(「タッチ」の)ーーーー!???
・・・・・・イメージと、違う・・・・・・・・・って感じで・・・・・・(苦笑)
亜弓さんの声には段々慣れてきたんですけど、
桜小路君が三ツ矢雄二さんなのは違う〜〜って感じで
(甘い、素敵なお声なんですけど、
ちょ、ちょっと、軽薄な感じで・・・;)
桜小路君にはときめくことができませんでした;

逆に、良かったのが
麗役の戸田恵子さんーーーー!!
中性的な麗の役にピッタリ!!
(最初、お名前を見た時は「アンパンマン!!」と思いましたが(笑))
というか、戸田さんの声で麗がますますカッコよく
パワーアップされている感じで、
すっごく素敵でした〜〜
速水さんも素敵でした。
絶対、自分のイメージとは違う声だろうなぁ〜〜・・・と思っていたのですが
ほとんど違和感が無くて良かったです。
ただ、クレジットを見ていたら、終盤で声優さんが変わられたみたいで、
変わられた声優さんの方が甘い感じの声で、
自分の中の速水さんのイメージ、そのまんま!!って感じで
すっごく良かったです・・・感動(笑)
というわけで、麗と速水さんが登場するシーンではウキウキしていました・・・(笑)

ちょっとびっくりだったのがオープニング(曲)。
シチュエーションがほぼ、
黒いバックにレオタード着て踊るマヤ・・・
という、それだけで
(一瞬だけ、速水さんと亜弓さんの姿が登場する)
な、なんで「ガラスの仮面」のオープニング曲がこんなんになるの??
と最初は思ったんですけど
(曲も、なんというか・・・アイドルのドラマの主題歌みたいな感じでした。
いい曲なんですけど)
絵のグレードは高いし、シチュエーションも斬新だしで
結局気に入って、毎回のように見てしまってました・・・(笑)
確か、オープニング担当の監督さんとアニメーターさんは
「聖闘士星矢」を手掛けられていたコンビの方なのでは!?
と、クレジットを見ていて思ったんですが・・・。
あの美麗なアニメを手掛けられた方なんだったら
そりゃあグレードが高くて当然だ・・・!と
思ってしまったのですが・・・。
あ、うろ覚えなところがあるので、違っていたらスミマセン・・・;)

・・・というわけで、OPのマヤは原作に近いイメージで、
可愛かったです。
速水さんと亜弓さんも美麗度が高くて良かった・・・

ちなみに絵コンテ担当の方は
ちょこっと好きだったアニメの監督さんだったこともあって、
なんかもうクレジットを見て
「あーー!!」
「えぇ〜〜!!」
「おお〜〜!!」
と、驚いたり興奮したりが多くて、とても面白かったです・・・(笑)

マヤの声は、演技シーンだと
いかにも舞台人・・・という雰囲気で、ハマっていました。
でも、どうせ原作と違うイメージのマヤになるんだったら、
アニメ版オリジナルエピソードとして、原作と違った
「ちょっといい雰囲気の速水さんとマヤ」
みたいなのが見られる回なんかあったら、
すっごく良かったのにーーーー!
と、ちょっと残念な気持ちに・・・・・・(苦笑)
(結局アニメでも、犬猿の仲なんだもん〜〜二人・・・;)


遅くなりましたが、気持ち玉を付けて頂いて、
ありがとうございました・・・!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浜田祐介「藤子・F・不二雄論」

2017/07/19 15:59
月曜日が「思いがけない休み」みたいな日で
大喜びしていたのですが
よく考えたらその代わり、
今週はお肉屋さんの水曜日のお休みが
開店日になってしまうので
なんだか逆にしんどい一週間に
なってしまうような気がします・・・・・・;
(土曜日までみっちり、掛け持ち勤務〜〜・・・(泣))

憂鬱ですが、それでも月曜日にせっかくなので、
図書館に出掛けてみた甲斐がありました♪

「藤子・F・不二雄論」(浜田祐介)
という本を借りてみたのですが、面白かった・・・!
・・・いや、面白かったというか、なんというか・・・よかった!!
いい本でした(涙)

「藤子・F・不二雄は僕たちに豊富な喜びを与えてくれるとともに、
その中で世界平和と未来への希望を訴えた。
その訴えが月並みではないのは、
Fが自らの絶望を克服して達した思想だというところにある」
と、「はじめに」の中で著者の方が語られているのですが
この本を読んでいてその言葉の意味が
本当によくわかりました(泣)

私は「エスパー魔美」を読んでいて、
先生はなんで、こんなにも優しい目線で
物事を、登場人物を見られるのか、
本当に不思議で
「自分には、とてもこうは描けない」と
尊敬する思いだったのですが・・・・・・。
(えーっと・・・一例を出すと、
魔美の隣に住む、やたらとクレームをつけてくるおばさん。
魔美の立場から読んでいると、
コンポコ(飼い犬)の悪口を言われたり
陰湿な酷い嫌がらせをされたりで
「嫌なおばさん」にしか見えないわけなんだけど・・・。
ところが魔美のお父さんは
クレームをつけられても冷静で、
「あちらの家庭にはそうなってしまう事情がある」
というようなことを言って、腹を立てたりしない。
実は、お隣にはある事情があって・・・・・。
それが解決した途端、おばさんは
とても優しい笑みを浮かべた、穏やかな性格に変貌して
いいお隣さんになった・・・・・・
というような感じ。)

「藤子・F・不二雄論」の著者の方は
F先生の作品から、
先生の抱えられていた苦悩や絶望、純粋さや優しさ、
世界を冷静に見つめる冷淡な目線、
そういった感情を解読されていて
(とは言え、すべての作品のエピソードが
直接、先生のその時の心情に繋がっている・・・
というのは、ちょっと違うんじゃないかな・・・?と
私は思うんですが・・・。
キャラとか物語って、勝手に動いたりしますしね)
こういった絶望や苦しみを抱えられていた先生だから、
弱者ゆえの優しさと、天才的な賢さから
世界を見る目が、こんなに大きく優しいものになったのだと
(ならざるを得なかったのだと)わかって・・・・・・。

ああ、やっぱり、こういう先生だからこそ、
作品を読んで、作品にも、先生にも惹かれるんだ、と、
「好き」だと思っていて当然だったんだ、と
それがよくわかって、良かったです・・・!
本の著者の方も、F先生のことが本当に好きなんだと
感じられて・・・・・・それも良かった。
こんな本が書ける、著者の方も素敵だし、すごいと思いました・・・!

この本を読んでいて、今まで読んだことのなかった
(あまり興味を持てなかった)
F先生の作品も、読んでみたくなって
「T・P(タイムパトロール)ぼん」を
図書館で予約してしまいました。
(どうでもいいことなんですが、
作中で主人公の助手になる女の子が・・・
下の名前が、自分と同じ、名前!
藤子作品に自分と同じ名前の女の子が居たなんて
なんだか嬉しい〜〜!!
・・・いや、まぁ、同じなのは名前だけで
他は全く似ていない、可愛らしい美少女なんでしょうが・・・(笑))

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なんとか続けています;

2017/06/30 16:41
魚屋さんとお肉屋さんの掛け持ちバイト、
一応なんとか続けています〜・・・;

お肉屋さんの方はもう一人、
男性の方が新しくバイトで入られました。
最初にお会いした時、
まだバイトに来られて数時間だったというのに
「以前入られていたベテランさん??」
・・・かと思ったほど、堂々としたレジ打ちっぷりで
(ゆっくりだけど、操作をもう完璧に覚えられている〜〜)
本当に・・・・・・普通の方は「すごく器用!」で
自分の場合は「不器用・記憶力無し・おっちょこちょい」
・・・という三段重ねの駄目っぷりだなぁ・・・・・・;と
つくづく思います・・・・・・(>_<)

自分に何の自信も持てないし、
未だにオロオロ状態で、
仕事をやっていけるか不安な毎日ですが
収入が増えるので、通販でちょっと買い物する
余裕ができたのが嬉しい〜〜。

京都国際マンガミュージアムで
山岸凉子先生の原画展をやっているので
見に行こうかな♪という気持ちの余裕ができました(^^)
(入場料800円が厳しかったもので・・・・・・;)
あと、「編集王」のコミックスが置かれていたら、読みたい!!
少し前に、動画サイトで「BSマンガ夜話」の
「編集王」の回を見ていたら、
出演者の方が
「実際の漫画編集部はこんなんじゃありません」
と、あまりにもきっぱり仰られていたもので
「えーーーー!?」と思って・・・・・・(苦笑)
もういっぺん、読み返してみたくなったのです・・・・・(^^;)

・・・この回のゲスト、大槻ケンヂさんの熱のある発言に
すっごくすっごく共感したけどな〜〜。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「プライド」を読んで感じたこと。

2017/06/25 13:40
漫画、「プライド」(一条ゆかり)の感想を
ゆっくり書きたいなぁ・・・と思っていたのですが
バイトでくたびれていて、熱意のある間に
書くことができませんでした・・・;

今日は少し時間があるので
感じていたことをちょっと、書きとめておこうと思います。

「プライド」は、「コミックスを買って家で何度も読み返したい!!」
と思うほど熱中したわけではないけど、
共感することが多くて読んでいて楽しい、読みやすい
良質な作品だと思いました。
作品のポリシーに気品があって、美しさを感じられるところが
とても好きです。

私は昔から、少女漫画に登場する
ライバルキャラがも〜〜好きになれなくて(苦笑)、
見ていてムカムカ、嫌〜〜〜〜な気持ちにしかなれなくて
少女漫画というジャンル自体、あまり好きではなかったのですが・・・。
「プライド」にも当然、「萌」という、
強烈な性格のライバルキャラ(というか、もう一人のヒロイン)が
出てくるわけなのですが
・・・何故か、萌のことは見ているのが不快ではなかったのです。

いや、「何故か」って書きましたが
理由はちゃんとわかっているのです。
萌は、ちゃんと、悪いことをした「むくい」を、受けている。
だから、読んでいて、
嫌な気分を引きずったままでいることが、ないのです。
これは、読者にとって、すごく重要なことだと思います・・・!
嫌なキャラだけど、ちゃんと、
自分のしたことの罰を受けたり、
傷を負ったり、
自分の汚さを自覚したりしているから・・・・・・
だから、「コイツ、なんて嫌なやつなの!」と思いつつも、
萌の持っている他の部分には、共感してしまう・・・。
だから、萌を見ていて、結果的には不快じゃない・・・
楽しんで読んでいる、という結果になるんです。
だから、面白い。

普通の少女漫画では
な〜〜んか、ライバルキャラは意地悪し放題、
自分の汚さを全く自覚なんてせず、
我がまま放題のまま許されている・・・って感じが
どうしてもしちゃって・・・・・・。
性格が悪いのに、美人だから取り巻きに囲まれているとか、
好きな人にゴーインに迫っていても、
汚い手段で近づいても、
相手がいい人だから、
避けられることなく、一応、優しく接してもらっている、とか・・・・・・。
なんか、納得がいかない高待遇を受けているような
気がしてならないのです(^^;)
(最近の少女漫画は読んでいないから
どうなっているかよくわからないけど・・・どうなんでしょう?)

「プライド」の萌は、好きな人には素っ気なく扱われているし、
別の恋に生きられる、と思ったら
実はその相手が詐欺師で、酷い結末を迎えるしで・・・・・・
見ていて「ちょ、ちょっとこれは可哀想すぎるかも・・・;」と
思うような目に遭っているので
読んでいてストレスがたまらないんです。
だから、読みやすい、と感じるのです。

これって、凄いことだなぁ・・・・・・と思いました。
作者の先生の、読者の気持ちを思いやる深い気配りから
こういう話のつくり、表現になるのか・・・・・・
作者の先生の、何が美しくて何が醜いか、という
ポリシーから物語が自然に生まれる結果なのか・・・・・・。
どちらにしても、凄い力だなぁ・・・・・・と
尊敬してしまう表現力だと、思ってしまうのです(汗)

一条先生は女性の持つ
女っぽい、動物的なたくましさ、したたかさより
人としての気高さ、心根の綺麗さを
大切に思われているのではないかなぁ・・・・・・?
と作品を読んでいて感じるので、
キャラクターや作品に対して
「すごく綺麗だなぁ、好きだなぁ・・・」
という感覚を自然に持ってしまうんです。

一条先生の作品は「有閑倶楽部」が大好きで、
他のいかにも少女漫画らしい作品は
あまり読んだことがなかったもので・・・
てっきり、「奔放に、恋愛を謳歌する女性」を
肯定的に描かれているのかなぁ・・・と、
勝手にずっと思い込んでいたのですが・・・・・・;
勘違いしていたなぁ・・・と、深く、思いました(>_<)

「プライド」の主人公・史緒も
元・お嬢様だし、
外見はゴージャスな美人だし、
色々と派手な生活をしているように見えるのだけれど
実際は初々しい少女のような純粋さと、
凛とした強い気高さを持った女性で
共感と尊敬心との、二つの思いを持って
好きになることができて、
読んでいてすごく楽しかったのです。

本当だったら、
ゴージャスな美女で、父親に溺愛されている史緒よりも
裕福な家庭ではなくて、母親がだらしのない男好きなせいで
愛情に飢えて歪んでいる萌の境遇に
共感しやすいような気がしてしまうのですが・・・(苦笑)
(あの感情の激しさには、ちょっと共感してしまう。
泣き虫だし・・・(苦笑))
史緒の持っている性格の芯の方に、
共感するし、惹かれてしまいますね。

そういえば、史緒も萌も
同じ相手とベッドを共にするシーンがあるのですが
相手の男性がガウン姿を見せるだけで
史緒や萌はそれらしい姿を一切見せなかったので
生々しくなくて、私的にはすごく読みやすくて
良かった・・・と思いました。
やっぱり先生が、配慮して描いてくださってるのかなぁ・・・と、
こういうところで感じてしまいます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「プライド」

2017/06/21 19:27
ここ最近、図書館で借りて読んでいたのが
一条ゆかり先生の作品、「プライド」でした。

たまたま、図書館に行ったとき
棚に2巻と4巻があったので
「有閑倶楽部」に収録されていた読み切り作品が
結構面白かったこともあって、
読んでみることにしたんですが・・・。
いやぁ、なんというか、
最初は「昼ドラみたい」って思って、
軽い気持ちで読んでいたんですけど、
段々引き込まれていって最後にの方にはちょっと、感動しました。
面白かったです・・・!

お嬢様だった主人公・史緒が
父親の会社の倒産で、
一人で働いて生きていかなくてはいけなくなって・・・
という最初の展開を後から読んで、
その境遇になんだかすごく共感してしまって・・・(苦笑)
私も・・・史緒とは全然立場も年齢も違うものの、
父が生きていた時は実家でのんきに過ごさせてもらっていて
いざ父がいなくなって・・・
家賃と生活費を自分で稼がなきゃ、となった時に
「家賃をバイト代で支払うって、こんなに大変なものなのか・・・!」
と、痛感したものだから、
同じことを考えた史緒の気持ちが、よくわかって・・・(泣)
1巻から読んでいたら最初からすごくハマって
読んでいたかもしれません(^^;)

しかし、ラストまで読んで
とにかく、びっくりしてしまったのが・・・・・・
史緒が最後に結ばれる相手は、蘭ちゃんだと思っていたのに
そうじゃないのかーーーー!!
・・・ってことでした(苦笑)
史緒が本当に大切に思っているのは、
蘭ちゃんだと思っていたのに〜〜・・・・・・。
蘭ちゃんが、いいのに〜〜〜〜・・・・・・。
あんなに蘭ちゃん、史緒のことを優しく見守っていてくれたのに・・・・・・。
はぁ〜〜〜〜・・・・・。
・・・・・・蘭ちゃん、女装ばかりしていたから
読者の女性方に、
男扱いしてもらえなくなってしまったのかな〜〜・・・;

・・・・・・まぁ、どっちの男もちゃらちゃら女遊びしていたのだから
どっちでもいい、といえば
どっちでもいっか〜〜・・・
という気がしないでもないけど・・・(苦笑)
(女遊びしている男性には興味ないです(笑)
そんな人、自分とは何のかかわりもない存在だし〜〜。
・・・でも蘭ちゃんは、史緒を好きになって
女遊びやめてくれたから好きだったのに〜〜。
・・・神野さんも、女に本気になっているわけじゃないから
別に嫌いじゃなかったけど)

ラストは、萌の運命も悲しかった〜〜・・・。
萌は、萌は、
嫌々付き合っていたマルチェロと
結婚、して欲しかったのに〜〜〜〜!!
・・・・・・嫌味で言ってるわけではなくて、
あんなに萌が冷たい態度をとっていても
萌にラブラブだったマルチェロの優しさに
感動していたので・・・・・・。
あんなに必死で愛してくれる男性なんて、貴重だよ〜〜!!
萌のバカ〜〜〜〜贅沢モン!!(泣)

萌にひたすら拒絶されて、
マルチェロはもう消えたままかぁ・・・と思っていたら
・・・ラスト、萌の産んだ子供のもとに
マルチェロからの手紙が届いているのを見て
ちょっと嬉しかったです・・・(笑)
(というか、なんて書いてあったんだろうあれ。
自分の子供ではないってことは
もう説明してもらってるよね、きっと)

萌は最初、すっごくすっごく
すっごく〜〜〜〜嫌な性格の女だったけれど、
(萌が性格があまりにも凄すぎて
「昼ドラみたい」と思ったわけで・・・;
本当に最悪な女だった。最低。最低!!)
最後の方にはいい人になってきて、
萌も萌で、幸せになって欲しいなぁ・・・って
思いながら読んでいたので
あのラストは「えーー・・・・・・」って感じで
泣いてしまいました(泣)

新しいバイトのことで悩んだりしていて、
でも面白い漫画を読んで
漫画のキャラクターの幸せを
自分のことのように分かち合わせてもらえるのって
すごく幸せで、楽しくって、
ラストまで読み終わった後には
悩みもその時だけは吹っ飛んでいて、
頭がスッキリ、爽快になっていて・・・・・・
あ〜〜〜〜、やっぱり、漫画っていいなぁ〜〜〜〜!!
って、元気になることができました(^^)
そういう幸せをもらえるのって、作品との相性が大事だから
なんでもいい、というわけにはいかないけれど・・・(苦笑)

・・・色々感想、書きたいことはあるのだけれど
とりあえず、蘭ちゃんの衝撃だけ書こう〜〜・・・
と思っていたら、それでも長文になってしまって
もう寝る時間に・・・・・・;
ホント、ブログ書くの時間がかかります・・・。
内容は軽いのに、2〜3時間すぐ経っちゃいます、いつも(汗)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「王家の紋章」文庫版10巻

2017/06/03 11:03
昨日、スーパーに出掛けたら
ずらっと並んだ398円のスイカの中に
ひとつだけ、ど〜〜みても398円には見えない、
どっしり大きく切られたスイカが鎮座していたもので
「わっ!これお得ー!!」
と感動して、ついつい、暑い日でもないのに購入してしまい・・・(笑)
ひんやりと肌寒い空気の中、
冷え冷えのスイカを食べる羽目になって
得したんだかなんだか、わからない状態になってしまいました・・・(苦笑)
しかも、スイカの前にすでに
美味しそうなパンとお菓子を見つけて、買ってしまっていたので
出費の大きさに、気が重くなってしまい・・・・・・(^^;)

・・・・・・食費をせめて、一日500円ぐらいに抑えたいんですけど
簡単そうに見えて、結構難しいですね・・・;

「王家の紋章」文庫版10巻を借りました。
・・・この巻はメンフィスがカーフラ王女を
妃として迎えた・・・!?という
なんとも許せない疑惑のあるエピソードが収録されている巻なので
誤解だった、という結果がわかっていても
「嫌だなぁ・・・メンフィスがカーフラ王女にデレッとみとれたりしていたら
どうしよう・・・・・・・そんなの見たくないよ〜〜・・・!!」
という、憂鬱な気分だったんですが・・・・・・(^^;)

読んでみたら、別にそんな、
変なことは書かれていなかったので本当に良かったです・・・!
あくまでも大切なお客様、として、
友人のように笑顔で接しているだけ、って感じで・・・。
良かった、メンフィスがカッコいいままでいてくれて・・・

不安に思っていたのとは裏腹に、
キャロルとメンフィスの仲睦まじい様子もいっぱい描かれていたので
この巻、買っちゃおうかな〜♪と思ったぐらいでした(^^)
(多分買うと思う〜〜
大好きなイズミル王子の出番はちょこっとだけだけど・・・(苦笑))

この後の巻で
カプター大神官の処刑を止めたイムホテップに
「女心がわかってない!!」と、怒っていた私でしたが、
イムホテップ・・・・・・ああ、ちゃんと、怒っていてくれてたんですね・・・!
「メンフィス王の第二の王妃をむかえる準備をしている」
と、ぬけぬけと発言したカプター大神官に対して
イムホテップ、ページ3分の2ぐらいの大アップで
「たわ言を申されるでないわ!」
と怒鳴ってくれていて・・・・・・(涙)
すっごく嬉しかったです!!感動!!
イムホテップ、誤解していて、本当にごめんね〜〜;(>_<)

カーフラのことで嫉妬したり、ショックを受けたりするキャロルの様子にも
すごく共感ができて〜〜・・・・・・良かった、
という言い方をするのはなんか変だけど・・・良かったです(泣)
優しいキャロルは、あんまり激しく怒ったりできないかなぁ・・・って
想像していたんだけど、
「自分だったら・・・」と思う、同じような感情をキャロルが持ってくれたので
「そうだよね、これぐらいショックな、酷いことだよねっっ!!」
って、素直に気持ちが入り込めたのが、嬉しくて・・・・・・(泣)
「メンフィスったら、いつも必要以上にカーフラ王女にデレデレして
いやらしくって、ふ、不潔だわっ」
って、泣きながら言うキャロルの気持ちなんてもう、
ホントそのまま自分の気持ちで〜〜・・・!!(笑)
嫉妬するキャロルが可愛くって、気持ちはそのまんま共感するしで、
もうもうなんだかすっごく愛おしかった、です(笑)

カプター大神官に、キャロルが
気持ちの悪い嫌味を言われるシーンで
メンフィスとカーフラが裸でベッドにいるシーンを想像したであろうキャロルが
(注・絵には描かれていません;)
激しい衝撃を受ける表情なんてもう
細川先生の表現の的確さにもうもう、ただただ感服するしかないというか・・・!(泣)
・・・ほんっとうに、こんな気持ちになりますよーーーー!!!!(泣)
胸が引き裂かれるような、ガツンと、激しいショックに・・・・・・なりますよーー・・・・・・(泣)

細川先生の表情の表現の仕方は本当にすごくて、
カプター大神官の企みに気づいたナフテラが
ショックを受けてへたり込んでいた時の表情なんて
もう、ホラー漫画の表現みたいになってしまっていて
(いや、上で書いたキャロルも一瞬ホラー漫画みたいになってたけど・・・(苦笑))
表現の豊かさに尊敬しながらも
大丈夫な結果を知っているのもだから
あまりにもすごい表情に思わず苦笑してしまってました・・・(笑)

この後の巻で、キャロルが身ごもっていることを知ったジミーも
衝撃のあまりホラー漫画になってしまっていたんですが・・・・・・(^^;)
・・・・・・いや、でも、わかる。
それぐらいの気持ちに、なりますよ〜〜・・・
好きな人が、別の相手と、ホンニャララしてた・・・・・・
なんて誤魔化しようのない事実を突きつけられたら・・・もうねぇ・・・・・・(泣)
・・・・・・イズミル王子も、激しいショックを受けていたけれど
ホラーにはなっていなくて、良かった・・・・・・(苦笑)

ジミーも本当に、夢見る少年のような純粋な気持ちで
キャロルのことを想っているから、
可哀想でどうにかならなかな・・・・・・と思っちゃうんですよね〜〜(泣)
ジミー、結構好きなんですよね私・・・。
かといって、ジミーの前に別の女の子が現れて
次の恋に向かっちゃう、なんてことになるのは、
絶対嫌だし〜〜〜〜・・・・・・。
(キャロルにひたむきに恋してる、ジミーが可愛いな♪
って思ってるんだもん〜〜!
他の女にコロッと乗りかえるなんてとこ、見たくない・・・!(泣))
本当にもう、パラレルワールドのキャロルを二人、こっちの世界に連れてきて
ジミーとイズミル王子に、プレゼント・・・・・・♪
なんてことができたら、それが一番いいのに〜〜〜〜!!
って、思ってしまうのです(^^;)
ミノアの隠された悲しい王子、アトラスも可哀想だったよなぁ・・・・・・。
キャロルにひたむきに恋する男性キャラ達は
ちょっとしたわき役キャラも含めて、みんな、
いじらしくて可哀想です・・・・・・。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
「王家の紋章」文庫版11〜14巻
「王家の紋章」文庫版の 11巻〜14巻までを読みました。 ・・・読んで、もう、もうっっ・・・・・・! 感動・・・・・・・・・ですっ・・・・・・!!(涙・涙・嬉し涙) メンフィス、カーフラ王女と何も・・・何もしてなかったんだ・・・!! 良かった・・・・・・!! 良かった〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!♪♪♪♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 16:43
「グだくさんのグ!!」欲しいなぁ。
相変わらず掛け持ちのバイトは見つからず、 毎日図書館で借りた本を読むのと、 お昼に100円パンを買って食べるのがささやかな楽しみ・・・ という生活を繰り返しています(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 13:21
イズミル王子〜〜。
もうすぐGWがやってくるので 短期のイベントバイトとかがあったらやってみたいな♪ ・・・と思っていたのですが、 なんかあんまり・・・見つからなくて困っています; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 14:51
「有閑倶楽部」「アナと雪の女王」
木・金とバイトがお休みなので どうも土日に入ったかのような感覚に陥ってしまいます(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 14:15
面接&山岸凉子「ヤマトタケル」
今日は、ハローワークからの電話待ちで ちょっとドキドキです〜〜・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 11:15
「のだめカンタービレ」8・9巻
バイト先の人が一週間ほど風邪をひかれていて、 先週の金曜もゴホゴホ咳をされていたので とうとう、私にもうつってしまったみたいです・・・; 昨日の朝から喉が痛くて、夜には咳が出てきました(泣) 会議室の一室が、短期バイトメンバーの仕事場になっていて その中で15人もの人数が、暖房のきいた乾燥した空気の中 働いているわけで・・・・・・。 そんな環境なんだから、 風邪ひかないよう、体調管理には十分注意しないといけないでしょ〜〜 迷惑だよ〜〜〜〜(泣) と、ちょっと愚痴を言いたくなる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/19 10:14
「のだめカンタービレ」6・7巻
毎週、休みの日の土曜に図書館へ行くのが 唯一の娯楽みたいになっているのですが 今週は予約待ちをずっとしていた図書館と、 (古市憲寿さんの本の順番をず〜〜っと待っていた) 「のだめ」が置いてある図書館の二か所へ わざわざ出掛けてしまったので なんだか時間を無駄に使ってしまった気分に なってしまいました・・・(>_<) (「のだめ」をネット予約して、 家の近くの図書館で受け取れるようにしておけば 一か所で済む話だったのに・・・全然思いつかなかったという・・・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 17:02
「のだめカンタービレ」5巻
週末の休みもあっという間に終わってしまいました・・・。 「休みだ〜♪」と嬉しいのは、金曜の夜ぐらい・・・(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 22:06
「のだめカンタービレ」
なんだか漫画の悪口ばかりを 書いているような気持ちになって嫌なので 時間がないけどちょっとだけブログを・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 21:54
やっぱり、漫画しかない。
新年、おはようございます。 (もうお昼なので全然早くない・・・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 12:32
戻れるなら戻りたい。でも壊れたものはもう・・・。
今年もあともう少しで終わりだというのに、 大晦日だという実感があんまり湧かない年末です・・・。 紅白観ていてもなんだか「フツーの番組」って感じで しょぼいなぁ・・・?とか思っていたんですが (今、観ている最中です) 段々「紅白観てる〜〜!」って感じがしてきました。 ・・・どうも、ビッグなアーティストさんが出てくると セットが凝っていたり演出が豪華になって 紅白、年末、特別なんだ〜〜って 感覚になってくるみたいです・・・(笑) (RADWIMPSの「前前前世」が聴けて良かった〜... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/31 23:38
アダムスキが好きー!
この前、「ピアノの森」文庫版の表紙について 少し書いていましたが・・・。 そういえば、アダムスキ! ・・・カロル・アダムスキが表紙に出てこなくて、残念〜〜!! と思ってしまいました(泣) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/16 15:07
「ピアノの森」文庫版・15巻購入。
期間限定Tポイント消費のために 「ピアノの森」の文庫本・15巻を購入しました。 まだ文庫本、二冊しか持ってないのですが 15巻を選んだのは・・・・・・ もちろん、パン・ウェイと阿字野がツーショットの 表紙だからです・・・!!(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 12:16
浦沢直樹の漫勉、毎回楽しみです。
先週の「浦沢直樹の漫勉」、 橋ツトム先生が出られる回だったので 観るのを楽しみにしていました。 あの、独特な目をどうやって描かれるのか、 見たい〜〜!!と思って・・・(笑) ・・・なんというか、ああいう、冷淡な・・・というか、 冷ややかで鋭い目を描ける方に憧れるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 13:59
「第3のギデオン」
先週の木曜日に、母がサブバッグを 近くのスーパーに置き忘れたまま夜まで気づかず、 紛失してしまってずっと困っていたのですが・・・・・・(泣) 昨日、無事にあったという連絡が警察から来て、 本当に大喜びしました! ・・・・・・というのも、そのサブバッグの中には 私が図書館から借りていた、西村京太郎の新書が 入っていたのです〜〜; (母の暇つぶしのために、 十津川刑事シリーズを借りまくっていたのです) もう、誰かに捨てられちゃったんだろう、と弁償を覚悟していたので 出てきてくれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 13:50
「マリー・アントワネット」四話目・感想・・・ではないですね(>_<)
「マリー・アントワネット」四話目を見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 23:01
「マリー・アントワネット」三話目・感想
「マリー・アントワネット」三話目見ました。 今回は落胆の回でした・・・。 やっぱり、幸せは、壊れるためにあるんだなぁ・・・ と思いました(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/09/01 18:25
ぎゅっと、繋がりたい。
昨日、今日と秋みたいに涼しくて 過ごしやすいです〜〜(^^) でも長期予報通り、今年の秋は 残暑がやっぱり厳しいらしくて、ガッカリ・・・; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/31 11:20
惣領先生のコメント♪
惣領先生のサイトのコメント、 「マリー・アントワネット」第一話の掲載後に 裏話を更新されていたというのに、 全然気づないまま、二話目の掲載の日を迎えていました(>__<) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 14:38
「マリー・アントワネット」二話目・感想
「マリー・アントワネット」第二話、見ました! 凄い!! 何もかもが綺麗〜〜〜〜!! ルイとアントワネットの結婚式は豪華絢爛だし、 アントワネットはお人形のように綺麗だし、 (フランスの衣装、豪華で可愛くて、ホントいいなぁ〜〜。 あんな衣装を一日に何回も着替えられるなんて、 羨ましい〜〜!って憧れちゃうけど(笑)、 貴族の女の子からすればごく当たり前の日常で、 そりゃあ面倒に感じるのも当然だよね;) なんといってもルイが! 真面目で!! カッコいい!!!! マリー・アント... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 21:21
「マリー・アントワネット」一話目・感想
惣領先生の新作、「マリー・アントワネット」の 第一話を読みました♪ どんな雰囲気の作品なのか、 モーニングを開くまでドキドキでしたが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/18 21:50
予告おもいっきり見忘れ(>_<)
8月14日に惣領先生のサイトが更新されてる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/18 10:31
「ピアノの森」のこと。
この前、電子書籍で「ピアノの森」25巻を買いましたが、 紙の本で買う時と違って 4〜5回読んだだけで、読み返さなくなってしまいました・・・; (いや、今、Fire TV Stickで映画を観ることにハマっているから そのせいもあるかもしれませんが・・・(^^;)) ショパンコンクールの話、大好きなので 他の巻も揃えたいことは揃えたいのです〜〜! (コミックス、5冊しか持っていない;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/29 11:53
Kindle Paperwhiteで初めて漫画を読んでみた。
ここしばらくずっと、収入が入ってきてないので 無駄遣いしている場合じゃないのですが、 先日Amazonでセールをやっていたもので 私もとうとう、「Kindle Paperwhite」を買ってしまいました(汗) ・・・コミックスを、電子書籍で買うように してみようかな・・・と決意したわけです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 10:33
アニメ「うしおととら」最終話
今日は無事、まとまった収入を得られました・・・! 良かった〜〜とりあえずホッとしました(涙) でこぼこ道すぎて気持ちが翻弄されます; もっと平穏な感じで過ごせたらいいのですが・・・(^^;) (じゃあ普通にバイトに出ろ、ってことですよね・・・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/29 10:40
気持ちを立て直す。
昨日は本当に、貧乏神に露骨に嫌がらせを されているかのような日でした・・・(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 10:31
Amazon、暗殺教室、MARSの話。
Amazonでお弁当箱を購入しようと悩んでいたら、 昨日から配送料が突然、「2000円以上で送料無料」に 変わってしまってビックリ!(汗) その前までは1000円のお弁当箱だけで 送料無料だったのに〜〜!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/07 11:09
「MARS」のドラマ、十話目。
「MARS」のドラマ、最終話を観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 16:02
MステでKis-My-Ft2
面接の結果待ち中で心配になります・・・(汗) 今日は定休日なので、連絡がないのは わかっているのですが〜〜。 明日、明後日で連絡が無かったらもう駄目だろうし、 でも連絡があっても 自分にこなせる仕事なのか、不安になるだろうし もう、どっちでもなるようになるしかない・・・! という心境です〜・・・(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 15:00
「暗殺教室」の映画
「暗殺教室」の映画がテレビで放映されていたので、 録画して観てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 09:37
録画できてなかった・・・(汗)
いつかやっちゃうかも、とは思っていたのですが 「MARS」のドラマ8話目、 録画できていませんでした・・・(汗) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 14:49
「MARS」のドラマ、七話目。
「MARS」のドラマは、零の元カノ・しおりの登場で 全然楽しみではなかったのだけれど 今回もまだ解決していなくて 「やだな〜・・・」って気持ちで観ていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 15:32
「MARS」のドラマ、六話目。
はあぁぁぁ〜〜〜〜〜やっぱり元カノかぁ、あの女(泣) (そりゃあ、それしかないよなぁ・・・とはわかっていたけど、 でもそれなら前回のラスト、 せめて零が「前付き合ってた彼女なんだ」 と宣言したところで終わる、とかにして欲しかった・・・。 もしかしたら彼女じゃないかも、なんて 1%の望みにかけてしまう視聴者だっているので、 もうちょっと区切りよく・・・・・・・・・・・・(苦笑)) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 16:49
「MARS」のドラマ、五話目。
「MARS」の五話目、観ました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/26 15:45
レジャーシートの件など(汗)
昨日、自転車に掛けていたレジャーシートが なくなってしまっていた・・・(盗られちゃったー?) という話を書いていましたが、 夜になって、思いがけず無事、見つかりました(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 14:22
「MARS」のドラマ、四話目。
「MARS」の四話目、観ました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/19 15:42
カッシーナのソファを見た。
昨日、テレビでカッシーナのソファを見ました! 惣領先生がサイトで、 「MARS」の零の話をされていた時に出てきたソファ・・・。 昨日ブラックマヨネーズが司会の 「ウラマヨ!」という番組(関西の番組ですよね)を見ていたら 角川春樹さんの娘さんの豪邸が紹介されていて、 「カッシーナのソファです」って 説明をされたので「えっ!」と思って・・・(笑) 先生のソファもこんなのかなぁ・・・?と思いながら 凝視してしまいました。 白いソファで、値段は53万円とかなんとか 仰られていました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/14 13:58
「MARS」のドラマ、三話目。
「MARS」のドラマ、三話目を観ました♪ 新しいハードディスクで録画したので、 今回は普通に、途切れることなく綺麗に録画できていて 感激でした!!(^^) (って、ホントはごく当たり前のことなんですけど・・・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/12 20:25
録画もこれでバッチリ!
テレビ録画用のハードディスクが 不調なまま直らなかったので、新しい物を買いました! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 13:27
「MARS」のドラマ、二話目。続き
関東では、もう「MARS」の三話目が 放送されているのでしょうが、 京都では木曜の深夜にならないと観れないので 二話目の感想の残りを書いておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 22:07
「MARS」のドラマ、二話目。
・・・「MARS」のドラマ、第二話を観て悶えてました・・・(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/05 16:10
重大なこと。
昨日は、「MARS」の零が女好きのキャラだと 惣領先生のサイトで知ってしまい、 「また・・・!」(←苦笑)と、 大ショックを受けてしまっていたので すぐに思いつかなかったのですが、 よく考えたら他にも重大なことがあるのでは・・・と、 ブログを書いたあとに気づいてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 15:03
裏話、楽しかったけどショック(苦笑)
惣領先生のサイトで「MARS」の裏話を されているのを読みました! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/02 14:04
「MARS」のドラマ、一話目。
「MARS」のドラマ、観てみました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/29 16:11
喜べる気持ちに。
この前、惣領先生や編集者の北本さんが 海外へ向けての、漫画のお仕事のお話を されているのを聞いていると寂しい気持ちになる、 というような心情を書いてしまいましたが なんというか、自分のストレートな気持ちばかり書いてしまって 恥ずかしい、というか・・・(汗) 辛い、とか寂しい、とかそんなことばかりブログに書いているけれど 本当にそうなのか?、と自分に問いただしてみれば、 「いや、そんなことなかった」って、思えて・・・。 先生の描かれた、直筆のチェーザレの絵まで持っているというのに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/17 11:42
聖闘士星矢の話。
惣領先生のサイトのリンク先で見た 北本さんの文章の中で 聖闘士星矢のお話をされていたので 今日はバイト先で掃除機をかけながら 聖闘士星矢の事をずーっと考えてしまってました・・・(苦笑) いや、学生の頃、一時ハマってたんです(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 15:16
寂しい?
惣領先生のサイトに載っていたリンク先で 北本さんの文章を読んでいて、 ヨーロッパでは日本の恋愛ものや スポーツものの漫画はほとんど売れない、 という事が書かれていて 「へぇ〜、そうなのかぁ」と思ったのですが よく考えたら私も、スポーツ漫画や少女漫画は あんまり好きではなかった(苦笑)と思い出して、 海外の漫画読者の方も自分と似た感性なのかな? と、なんだか親近感を持ってしまいました(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 14:48
どんな物語かなぁ・・・。
惣領先生、ヴェルサイユ宮殿に 取材へ行かれていたんですねー・・・。 以前サイトでお話されていた時、 一か月外国で過ごされていたと書かれていて 新作の取材にしてはすごい長期間だなぁ、とは思っていたのですが こういうスケールの大きなお仕事だったとは・・・! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/14 15:58

トップへ | みんなの「漫画の話」ブログ

ノビエブレ〜天使の月・日記〜 漫画の話のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる