ノビエブレ〜天使の月・日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「僕だけがいない街」

<<   作成日時 : 2017/07/16 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

掛け持ちバイトを始めて
ゆっくり自分の時間を持てないのが辛いのですが・・・・・・
収入に少し余裕が持てると思うので、
それだけが救いです(^^;)
自転車と眼鏡を買い替えることにしたので、それだけが楽しみ♪

色々と愚痴もいっぱい書きたいのですが(苦笑)
ブログにゆっくり向かう時間もありません(>_<)
山岸凉子先生の原画展も
連日の暑さにバテていて、一体いつ行けるのやら・・・
という感じです;

この前テレビで「僕だけがいない街」の
映画をやっていたので初めて観たのですが、
いい映画でした〜〜〜〜(涙)
原作のコミックは見ていないのですが
人気があるみたいだったので
一体どんな話なんだろう・・・?と、少し気になっていて・・・。
原作と映画で、ストーリーが同じなのか
少し変えられているんのか全然知らないのですが、
映画のラストを観て、
「タイトルの意味はこういう事だったのか〜〜・・・」
と、泣いてしまいました(泣)
あれは・・・・・・あれは切ないですよーーーー!!
・・・いや、タイトルからして、明るい話ではないのではないか・・・
という覚悟は、最初から持って観ていたんですけど・・・・・・!
一応、部分的にはハッピーエンドになっているとはいえ・・・・・・
あんなの、酷いですよーーーーヤだ!(泣)

・・・・・・でも、あれが、
正義のために生きた人の、現実の結末、
・・・・・・っていう感じがする・・・・・・・。

過去に戻って悲惨な事件を食い止める、とか
正義の味方に憧れる思い、とか
物語を作る時によく使われるテーマなのに
「よくある話」だとは全然感じなくて、
先の展開が気になって、作品に引き込まれて
ラストまで一気に見てしまいました。
こういう作品を作れる人は、誠実で優しい人だと思う・・・(涙)

もし、「教師だって人間なんだから、
聖人君子ではいられなくて当たり前。
事件を起こすようなやつだって、いて当然だよ」
・・・って思ってるような人がいたら(特に教師の立場に居る人は)
ラスト近くで主人公が叫ぶ言葉を聞いてほしい!!
聞けーーーー!!
・・・と、思いました(泣)

それにしても、
「最終兵器彼女」を読んだ時にも思ったのだけれど
北海道弁って、なんか可愛いくって
ちょっとうらやましいです・・・(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「僕だけがいない街」 ノビエブレ〜天使の月・日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる