ノビエブレ〜天使の月・日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リリーのすべて」

<<   作成日時 : 2017/05/08 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GW中は求人情報もお休みで
遊びに行くこともできず(お金がないので;)
無意味にのんびり過ごしてしまいました〜〜;

・・・・・・でも、一日四時間勤務だと、
本当に毎日の生活が楽(笑)
収入は全然足りてないので、
この生活に慣れてしまってはヤバい〜〜!
と思ってはいるのですが
収入が8万円ぐらいでも、お昼に108円のパンが二個買えて、
あと二食は自炊して、猫を扶養して、
それで何も困ることなくのんびり静かに生活していけるような
そんな世界になってくれたらどんなにいいだろう〜〜・・・・
と真剣に夢想してしまうぐらい、
今は気持ちがリラックスできている状態です(^^;)

そういえば連休中、Amazonプライムで
「リリーのすべて」っていう映画を観たんですけど、
雰囲気が綺麗で、ちょっと官能的な描写が多いけど
嫌な感じのしない、観て良かった〜〜と思えるいい映画でした。

しかし奥さんの気持ちが、よくわからなかった!!

最初は旦那さんとラブラブで、
ベッドでも仲良しこよしで
しかもお互い、絵を描いているアーティストで
すごくいい雰囲気だったのに
実は、旦那さんは「心が女」だった・・・という話で。
・・・最初は私、旦那さんは女装の趣味があるのかなー?というぐらいに
思っていたんですけど、それだけじゃなかったんですよね。
女装しているところを、男性に迫られてキスされて
それを受け入れたりして・・・。
その現場を目撃した奥さんが、ショックを受けて傷ついて、
「キスだけなの?それ以上の仲なの?」
って静かに問い詰めるんですけど・・・・・・
奥さんの傷ついた気持ちがよくわかって、本当に可哀想だった・・・(泣)
旦那さんが女装していることより、相手が男だという事より、
誰かに迫られてそれを受け入れている、っていう事実が
女としては、何よりも激しいショックですよ〜〜(泣)

なのでこの辺りまでは奥さんの気持ちに共感して、
奥さんが可哀想・・・・・・って気持ちで観ていたんですけど・・・。

でも何故だか奥さんは、そんな旦那さんの女装姿を作品にしてしまうのです。
(なんで描きたいと思ったんだろう・・・・・・??)
旦那さんに、もう一度ちゃんとした、自分の夫という形に
戻って欲しい・・・と痛切に願っているというのに、
そうすることがもうできない、と思っている旦那さんの側に
ずーーーーーーっと居続けるのです。
旦那さんが性転換手術を受けても。

・・・・・・なんでそんなことができるのか(汗)

奥さんが友人として、リリーになった旦那さんと
一緒に居る覚悟を決めたというなら、
それはそれで理解ができるんですけど・・・。
奥さんはずーーーーっと、男だった自分の旦那さんのことを
忘れられずに、諦められずにいるのです。
それなのにリリーの側に居続けるなんて・・・・・・。
無理、でしょう!??
私だったら、辛くて辛くて辛くて、無理!!!!
一緒になんて、居られませんよ〜〜〜〜(泣)

同性愛なんて変、っていう偏見ではなくて、
好きな人が女性か男性か、っていうことは
すごく重要なことであって・・・・・・。
思っていた性別と、違った!っていうショックは、
ちょっとやそっとじゃ乗り越えられない物だと思うんです〜〜;
例えば(私だったら)、すごく素敵な漫画を描かれている
男性漫画家の先生が実は女性だった!
・・・なんてことがわかったら、ガーーーーン・・・・・・ってなりますよね。
男性だと思ってたのに、尊敬して憧れて、恋してしまっていたのに、
私の思いは一体どこに行ったらいいのーーーー!?(泣)
・・・・・・って。
で、これが逆でも、やっぱりショックなんですよ・・・!
憧れの女性漫画家の先生が、実は男性だった!!
なんて事実があったら・・・・・・!!
「イヤーー!!憧れの先生が、汚らわしい男だったなんて!!
ショック!!ヤダ、やだぁあぁぁ〜〜〜〜!!」
・・・・・・・って(苦笑)

いや・・・だって、嫌じゃないですか〜〜。
すごく綺麗な作品を描かれていた、女性だと思っていた先生が
男性だったら・・・・・・つまりその・・・・・・・。
裸の女の子を見て喜んで、ウキウキおっぱいモミモミしたりしてるんだーー・・・
なんてトコをリアルに想像してしまったら・・・・・・・・・・・・。
いやぁあぁあ〜〜!!最低!!フケツ!!変態!!(号泣)
としか思えないですよ!
綺麗だと思っていた作品も、尊敬心も、地に落ちて粉々ですよ!!
・・・っていうぐらいの気分になりますよ(苦笑)

そう極端に思ってしまうくらい、恋心とか人を尊敬する気持ちって
キラキラした純粋なものなんですよーー。
神様に恋しているようなものなんですよ!!

・・・・・・なんだかまた話がそれていきそうだ・・・・・・(汗)

だからそれくらい、「自分が思っていた性別」って
悪気なく、重要なことなのに
「リリーのすべて」の奥さんは
旦那さんの浮気(?)にはちゃんとショックを受けてるのに
もう旦那さんじゃなくなったリリーの側には
悩みながらも居られることが不思議でならなかった・・・のです。
側に居続けるんだったら、「女」の部分をきっぱり捨て去って欲しかった。
人として、リリーの良き理解者、
妻ではなく友人になって欲しかったなぁ・・・と・・・。
それなら気持ちを理解して、観ることができたのになぁ・・・と。
(最初は女として、奥さんのことが可哀想な心境で観てしまってるんですけど
だんだん旦那さんの方が可哀想になってくるので・・・)

というか、観る前のあらすじでそういう映画なのかな、と思っていたので
ちょっと残念に思ってしまったのでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「リリーのすべて」 ノビエブレ〜天使の月・日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる